マーケティングオートメーション

マーケティングに関するシステムの使命

47-07

マーケティングオートメーションシステムは、これらバラバラのツールが一元化されているものと表現することもできます。マーケティングはその目的を達成するために、「施策の対象を定めること」「定めた相手に対して的確なコミュニケーションを計画すること」「計画を確実に遂行すること」「実施結果をレビューし改善につなげること」をそれぞれ最適化していくことが求められます。

ソーシャルメディア、EC、広告管理などの関連ツールを活用している企業もあるでしょう。みなさまの会社のマーケティング部門ではどのようなITツールを使っているでしょうか。

顧客関係管理(CRM)や営業支援(SFA)、メール配信、ウェブサイト用コンテンツ管理(CMS)、ウェブアクセス解析。IT部門で管理や把握をしているかどんなふうにかは別として、次のようなものを使っているところが莫大と思います。

これらの精度を高めることがマーケティングオートメーションに限らずマーケティングに関するシステムの使命です。

ベンチャーネットの提案で、他社との差別化を図ります。
コンテンツマーケティングやデジタルマーケティング、セールスフォースなどを徹底サポートします。

武田塾
http://takedajuku.or.jp/

関連記事

  1. 47-08 無比のパフォーマンスを発揮
  2. 47-01 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:17 7 16
  3. 47-02 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:19 7 16
  4. 47-04 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:22 7 16
  5. 47-10 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:03 10 16
  6. 47-03 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:13 10 16
  7. 47-09 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:29 10 16
  8. 47-04 将来性を躍進させるベンチャーネットブログ:13 11 16

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP